群馬県高崎市の歯科医院です − 口の中から皆様の健康を守ります −











歯みがきではとりきれない歯の汚れや着色をクリーニングしませんか?

歯の健康のためにも厚生省認可の薬剤を使用した安心美白をぜひ当院で体感してください。
お気軽にご相談ください。

デンタルクリン詳細はこちらから >>


当医院は、自分自身の幹細胞(IPS細胞)を使って元通りの形や機能を再生する最先端の医療技術をご提供する『株式会社再生医療推進機構』に登録されました。

再生医療推進機構はこちらから >>





医院案内
・正観寺町配水タンク前
・前橋ICより車で5分
 高崎市正観寺町698-8
大きな地図で見る

TEL 027-361-0418
FAX 027-388-1533
awashimashikaiin@ab.wakwak.com


診療日時


休診日
木曜・日曜・祝日
(祝日のある週の木曜日は診療いたします)

ぜひ、当院をご登録ください。


株式会社再生医療推進機構






 



往診も随時受付けております ― 院内と同様に安心して治療できます



う蝕(虫歯)の治療は、出来る限り削らず、元の歯の形態、機能の回復を心掛けております。歯周病の原因となる歯石と歯垢を取り除き、歯磨き指導を行い、歯周環境を整えます。義歯は違和感なく、機能的、審美的にお作りいたします。歯は、う蝕や歯周病で失われます。一口腔、一単位でお口の中と全身のバランスを考えながら、環境を整えてまいります。



う蝕治療、予防、咬み合わせを中心として行います。お子様の歯のはえはじめから、永久歯にはえ変わるまで、成長による変化を注意深く観察し、専門医と連携して診断していきますので安心です。


う蝕(虫歯)や歯周病などで、病状により抜歯をすることがあります。歯周環境改善のため、歯周外科、骨造りを行います。また、高度な技術や設備が必要な治療などは、専門の医療機関にご紹介することが出来ますので、安心して受診して下さい。



う蝕(虫歯)や歯周病、歯列不正等の情報をお伝えしながら、正しい歯磨きの指導からフッ素塗布、洗口など、患者様、お一人ひとりにあった予防方法を考えます。また、治療終了後の定期的な検診(リコール)で、早期発見、早期治療に努め、経時的変化に対応していきます。

また、当院では歯周病予防のため、口腔内細菌の状態を観察できる位相差顕微鏡により、患者様に直接観察していただくことで、歯みがきの重要性を再認識していただけると考えております。
口腔内には様々な細菌が繁殖しており、歯周病のもとになっています。
詳細は下記を参照ください。





顕微鏡で見る口腔内細菌


形態を中心とした細菌の分類

このページのトップへ


歯のシャンプー、トリートメントやホワイトニング(漂白)、歯肉マッサージなどにより、口腔内の環境改善をして、美しい笑顔をとり戻します。オールセラミック、ハイブリッドセラミック、レジン(プラスチック)で自然な色調、形態にお作りしておりますのでご相談ください。

 
Befor − After のご紹介
 



審美歯科をより快適にリラックスして治療していただけるよう新しいシートを設置しました。





生体に電気を発生させない無金属治療。
一般的な歯科治療では、銀歯、金歯などの歯科用金属が使われています。口腔内にこのような金属が存在するとガルバニック電流という電気が発生します。(金属性のスプーンや銀紙などで、ピリッとしたことがありませんか?!それが、ガルバニック電流です。)この電気が、肩こり、偏頭痛、筋肉のこわばりなどの不快症状の原因となっている場合が多いです。そのような生体に及ぼす影響を考え、口腔内電流測定装置を導入し、電気の測定をして、放電して、痛み等の不快症状の改善を行います。放電療法は、あくまでも対症療法です。根本的には、口腔内の金属を取り除かなければまた電流が発生してしまいます。除去後は、電流の発生しない、生体親和性のよい材料で機能回復をしていきます。

 
ノンメタル歯科治療 before − after

befor
after



このページのトップへ


近年は、金属アレルギーの患者様が増加しております。テレビ、パソコン、携帯電話の普及による電磁波の影響が大きく関係していると思われます。口腔内の金属が電磁波を受けるとコヒーラ現象(※)が起きて電気が発生し、金属がイオン化してとけ出し、周辺組織や唾液に入り、全身にまわり、アレルギー症状をひきだしています。ガルバニック電流も、金属をイオン化します。口腔内に異種金属があると、唾液を介して通電します。有害金属を除去し、アレルギーをおこしにくい、生体親和性のよい安全な材料で、機能回復、審美性の改善をし、口腔から全身の健康を取り戻します。
電磁波とは? >>

※コヒーラ
コヒーラは、別名ブランリー管などとも呼ばれ、通常状態での電極間電気抵抗は、ほぼ絶縁状態の高抵抗ですが、電磁波などを受けると鋭敏に反応し電気抵抗が減少、ほぼ導通状態となる電磁波感応素子です。



歯を失った場所に、人工の歯を植えて、機能回復、審美的回復させる治療方法です。治療に際しては、十分な診査をし、カウンセリングを行います。


抜歯などで歯がないケース 手術によりインプラントを埋入
インプラントと十分な結合が得られたら、土台をインプラント体にとりつける。 土台に合わせて上部構造をとりつける。




このページのトップへ

治療の流れ(患者様一人一人に合った治療計画)医院のデジタル化
Copyright© "あわしま歯科医院.jp"All Rights Reserved.